どろ豆乳石鹸 どろあわわなら毎日が楽しい!

洗顔するたびにきれいになれたら毎日が楽しくなると思いませんか?どろあわわなら毎日楽しく洗顔できるので一度試してみてね。 - 肌荒れ予防を目的とした洗顔石鹸の選び方と使い方

Author

  • 名前:りょうじ
  • 性別:男
  • 年齢:31歳

一人でなんでも行動するのが好きです。自分で料理も買い物もするし、掃除をすることも苦になりません。というか、一人でなにかする方が好きな性格かもしれません。自分でもよくわかってません。
洗顔石鹸というと固形で細かいフワフワの泡は立たない感じがする。界面活性剤を使用してなくて肌自体には悪い影響はない感じですね。

肌荒れ予防を目的とした洗顔石鹸の選び方と使い方

肌荒れで悩む人は、老若男女を問いません。若いからと言って油断していると、老化を早めてしまいますよ。逆に年齢や体質のせいと諦めてもいけません。洗顔石鹸の選び方や使い方如何で、肌荒れを予防し改善することはできます。

肌荒れとは

肌荒れについて明確な定義はありませんが、皮膚の健康が損なわれている状態です。

具体的には、にきびや吹き出物が出る、乾燥したりガサガサしている、赤らんだり腫れている、毛穴が開いたり黒ずんでしまう、などの症状が知られています。

またしみやしわが固定したケースも、肌荒れの一種かもしれません。少なくとも皮膚の機能が衰えている証拠です。

では肌荒れの原因は何でしょうか。ほとんどは紫外線です。栄養不足、血行不良も影響します。皮膚の内外における十分なケアが不可欠です。

グリチルリチン酸が炎症を抑える

肌荒れ対策の洗顔石鹸として、第一に保湿機能が求められます。とはいえ敏感肌などに対しては炎症を抑えるタイプがよいでしょう。

例えば抗炎症作用を持つ物質にグリチルリチン酸があります。歯磨きやシャンプーなどにも配合されていますが、抗アレルギー薬の名目で使われることもあるようです。

刺激が強いと感じる場合もありますが、黒ずみやにきび痕の解消にも効果があると言われています。

なお天然由来の植物成分を配合した洗顔石鹸も人気です。ただし体質によっては、それ自体がアレルゲンになっていたり、炎症を促していることもあります。違和感を覚えたら、直ぐに使用を中止して、医師や薬剤師と相談しましょう。