どろ豆乳石鹸 どろあわわなら毎日が楽しい!

洗顔するたびにきれいになれたら毎日が楽しくなると思いませんか?どろあわわなら毎日楽しく洗顔できるので一度試してみてね。 - ニキビの赤と白、上手な付き合い方

Author

  • 名前:りょうじ
  • 性別:男
  • 年齢:31歳

一人でなんでも行動するのが好きです。自分で料理も買い物もするし、掃除をすることも苦になりません。というか、一人でなにかする方が好きな性格かもしれません。自分でもよくわかってません。
洗顔石鹸というと固形で細かいフワフワの泡は立たない感じがする。界面活性剤を使用してなくて肌自体には悪い影響はない感じですね。

ニキビの赤と白、上手な付き合い方

s6e3y5n63jnc7xv「白ニキビ」は皮脂や古い角質などが蓄積し毛穴が詰まり肌の表面を塞ぐことによって皮脂がスムーズに排泄されずに毛穴が大きくなって皮膚がふくらんでしまった状態です。炎症はしていないのが特徴です。原因としては塵や埃、落としきれなかったファンデーションやシャンプー・リンスの洗い残しによる毛穴のつまりや、皮脂の分泌過剰による毛穴の塞がりです。女性の場合は月経前のホルモンバランスも関係します。できてしまったニキビを放置してしまうと悪化し、赤く炎症を伴った「赤ニキビ」となります。肌が赤く腫れる、痛みを伴うことがある、ニキビ後になる可能性が高いのが特徴です。自分の肌が赤く腫れているのでなんとか隠したいと思われるでしょうが、ファンデーション等の化粧品では隠しきれないのも特徴です。

■治し方
 白ニキビや周辺皮膚を、むやみに押したりしないようにすることが大切です。毛穴を押し広げることで皮脂が酸化して黒ニキビになったり、炎症を起こし悪化する可能性があります。治し方としては、上記に挙げたニキビの要因を取り除くことが重要です。 

赤ニキビができてしまったら、必要以上に触らない、つぶさない事が大切です。赤みが気になるからと触れ皮膚を傷つけるとケロイド状態になったり、そのから菌が感染したり、肌がでこぼこになるクレーター状態になる可能性もあるので注意が必要です。とにかく炎症を抑える必要があります。

■予防方法と対処法
赤ニキビは毛穴内の炎症がおこり周辺組織を破壊しはじめてますので、完治には時間を要します。そのため、皮膚科などの専門機関に通うことで早期に赤ニキビが治る場合もあります。治療法としては、抗生剤の内服や外用薬、光治療やピーリングなど様々です。自分の症状に合ったケアや治療方法を選択することをお勧めします。また、皮脂の過剰分泌の要因である、糖や脂っこい物の食べ過ぎを避けた栄養に偏りのない規則正しい食生活や睡眠含めた生活習慣、ストレスをためないようにしホルモンバランスの乱れを防ぐことが重要です。

■上手な付き合い方
正しい洗顔で肌を清潔にし、肌の代謝力を高めターンオーバーを正常化することが重要です。
過剰に洗いすぎず肌の保湿力を保つこと、その後のケアを丁寧におこなってください。